会社案内


当社は先代の創業から、農業・窯業向け機械設備の3K(研究・開発・改善)を社軸にしております。


「御客様の要望を良く聞き、私達が考え出来る事を成す」という基本に立って、変革に挑戦し続け豊かな社会の発展に貢献します。


これまでに諸先輩方が築き上げた知識・技術を継承し、カテゴリーにとらわれず、しっかりと研鑽していきますので、より一層のご指導ご鞭撻をお願い申し上げます。

 

代表取締役 中嶋謙司


会社概要


商 号

中島プラント株式会社


所在地

〒989-5117 宮城県栗原市金成柧木沢23

TEL : 0228-42-2885 FAX : 0228-42-1144


代表者

代表取締役 中嶋謙司


資本金

10,000千円


設 立

昭和47年7月


従業員数

7名


取引銀行

七十七銀行若柳支店

一関信用金庫金成支店

仙北信用組合本店


取得資格

一般建設業 (鋼構造物 ・ 機械器具設置工事業)


沿革


昭和21年

宮城県栗原郡若柳町(現 栗原市若柳)にて、現会長 中嶋鉄雄が開業


昭和25年

セメント瓦用型枠、ブロックマシン及びコンクリート製品製造プラントの開発設計を開始


昭和40年

鉄骨建築工事 資格登録・取得


昭和47年

資本金 2,500,000円を以って、法人化

中島プラント株式会社  設立

コンクリート二次製品用 各種鋼製型枠、及び製造自動化設備・装置機器の開発企画・設計・製作を主体にする


昭和50年

資本金を 10,000,000円に増資


昭和55年

宮城県栗原郡金成町字柧木沢23番地(現 栗原市金成)に 第2工場を新設

同時に、廃タイヤ焼却装置/ボイラーを新規開発、製作・販売を開始

同時に、各種コンクリート二次製品用プラント・鋼製型枠の企画設計・製造業務を強化


平成3年

建設大臣認定の自走式立体駐車設備、及び機械式立体駐車装置を

開発、企画・製作・販売を開始、福島・山形・宮城及び北関東に納入開始


平成13年

新開発の機械式立体駐車装置「パークI」(中二階部トラバース方式 計36台収容型)

を仙台市内に納入・稼動

新組立て方式による、抜き勾配「ゼロ」を実現したコンクリート二次製品用鋼製特殊型枠

(マンホール、及びボックス用)を開発、受注・販売を開始


平成16年

高付着柔軟性化学原料用 全自動純水高圧洗浄システム 開発・設計 製造納入


平成18年

河川用可変式人工降雨装置 企画開発 設計・製作 設置業務


平成23年~

東日本大震災発生に伴う震災復旧・復興及び原発事故由来処理施設工事において、各工区での作業機械・装置の設計、試作開発・製作及び施工・運営に協力


 

現在に至る



弊社へのご相談、ご質問などお気軽にお問い合わせください。